確定申告が必要なケースがある

確定申告について

チャットレディで多くの収入を得ているなら、確定申告が必要かどうか確認しなければいけません。

ネット上で完結するお仕事なので、「誰かに見られているわけでもないし」と甘く考えるのは危険。税務署の調査能力は高いので、申告漏れがあると高確率で見つかるからです。

ここでは、確定申告の基礎知識と対象者について解説していきます。

▶知っておきたい確定申告の基本的なこと
どのような報酬形態であっても、一定以上の利益を得ると所得税や住民税を支払わなければいけません。確定申告は、自分が支払うべき税金を自分で計算して提出する行為。

確定申告を行う期間は、2月中旬~3月中旬です。確定申告書に必要事項を記入して、期間内に提出しましょう。

<対象者>
確定申告をしなければいけないのは、以下に該当するチャットレディです。
・副業としてチャットレディをしており、1年間の所得が20万円を超える者
・個人事業主になり専業でチャットレディをしており、1年間の所得が38万円を超える者

ここで気をつけたいのが、所得の概念。所得=収入―経費です。所得と収入は異なるので、注意してください。

▶申告書には青色と白色がある
確定申告をする際の用紙には、青色と白色があります。

青色:複雑な経理処理をしなければいけない(複式簿記)
白色:お小遣い帳のような簡単な経理処理(単式簿記)
白色の方が簡単に計算できますが、青色の方が税金の額を低くできます。

コストをより抑えたいのであれば、青色にチャレンジしてみましょう。また知識不足により青色の用紙に記入するのが不安なら、クラウドソーシングサービスを利用するのも方法の一つです。

クラウドソーシングサービスでは、経理の業務を一部委託できます。経理経験の長い人材を探せば、安心して任せられるはずです。ただしすぐに良い人材が見つかるとは限らないので、早めに募集をかけておきましょう。

▶申告しないとどうなるの?
申告漏れが発覚すると、意図的でなくても罰せられます。最悪の場合は脱税と見なされ、罰金を支払わなければいけません。

芸能界でも申告漏れによる脱税が発覚し、ニュースに取り上げられていました。通報されたお笑い芸人は多額の罰金を支払うことになり、その金額は税金をはるかに上回っていました。

申告していれば済んだのに…と、悔んだのではないでしょうか。

同じような目に遭わないためにも、確定申告の有無を確認し必要であれば申告書を提出してください。