売れっ子はココが違う!好印象になる待機のしかた

待機のテクニック

チャットレディは、男性との約束がない限り待機画面で待っていなければいけません。

いつでも電話してくれる固定客が居れば良いのですが、新人のうちはそうもいかないもの。待機して男性を待ち、場合によってただただ時間だけが過ぎていく…なんてこともありえます。

しかし、待機のしかたにはコツがあるんです。ボーッとしていたりスマホをいじったりしながら待機しても、男性からは選んでもらえません。

では、どのように待機するのが正解なのでしょうか。

「この子と話してみたいな」と思ってもらえるように、待機のコツを学びましょう。

▶話しかけやすい雰囲気づくりをする
男性客は待機中のチャットレディの様子を見て、「どの子にしようかな?」と選んでいます。

そのため、無表情な子や何をしているのか分からない女性には興味をもたない傾向に。特に顔出しNGの女性なら、体の動きやコスチュームで話しかけやすい雰囲気作りを心掛けないといけません。

待機画面では、お客様の目線に立って明るさやフレンドリーさを演出する必要があるんです。

待機する際は、以下のポイントを意識してみましょう。
・部屋全体を捉えた位置にカメラを設置する
・顔出しNGなら、口から下もしくは胸やお尻アップで映す
・ニコニコして、時々手を振る
・画面の前から席を立たない
・最初から脱ぐのはNG
・女の子らしい服装にする

顔出しのできる女性なら、部屋全体を映すと◎。その際に女性らしい小物が部屋に置いてあると、男性からの好感度アップに繋がります。

また時々手を振ったり、ニコッっと笑ったりするのも大切。男性から見ると「こちらに笑いかけてくれてる」と感じ、フレンドリーな女性として印象づけられます。

待機画面で、過度に露出するのはオススメできません。少し肌蹴ているくらいなら良いのですが、脱いでしまうと待機画面だけで満足されてしまう可能性も。「見えそうで見えない」「脱ぎそうで脱がない」といった適度な煽りが、男性の見たい欲を掻き立てチャットに繋がるのです。

▶待機時間が長いなら休憩するのも大切
待機してから15~20分経るなら、一度休憩を挟みましょう。

長時間愛想良くして待つのも、苦痛に感じるはずです。ひきつった笑顔で待ち続けるよりも、一度リフレッシュして気持ちを入れ替えると◎。

ドリンクを飲んだり食べ物をつまんだりして、エナジーチャージ。元気な笑顔でまた待機画面に戻れば、あなたのキラキラした表情に男性の心も揺さぶられること間違いなし。

無理に長時間待たなくてもよいので、時々ブレイクタイムを設けてメリハリをつけてください。