出費を減らせば余裕ができる!節約術について

節約術とは

今のお給料に満足できていない理由として、「欲しいものが買えない」「貯金できない」が挙げられるのではないでしょうか。

その場合稼いで収入を増やすのも良いのですが、必要のない出費を見直すのも大切。無駄に使っていた分を減らせば節約できるので、貯蓄にまわすも良し、本当に欲しいものに使うも良しです。

無駄な出費をなくすには、節約術を学ぶのが一番。

「節約ってめんどくさそう」「だんだん苦痛に感じそう」と、感じる人がいるかもしれません。無理にすべて取り入れなくても大丈夫なので、できそうなことから始めてみてください。

▶一度の見直しでOK!家計管理による節約術
節約と聞くと、日々買いたいものを買わずに我慢するというイメージを持っている人も少なくないはず。

たしかに買わないことで節約する方法もありますが、ほかにも出費を減らす手段はあるのです。例えば毎月支払っている家庭の固定費を見直せば、月々の支払いを減らせる可能性大。

以下をチェックして、無駄があれば改善していきましょう。

1.スマホ代を見直す
スマホの契約プランを見直すのは、とても大切です。現在契約しているパケットや通信料が、見合っているか確認してみてください。

例えばあまり通話サービスを利用しないなら、1月に利用できる上限を少なくしても大丈夫です。また無料通話アプリもあるので、利用すれば出費を抑えられます。

2.自宅のインターネット通信費を確認
スマホと同じように、インターネットの契約内容も使用頻度に適しているか確かめる必要があります。軽いネットサーフィンしかしないのであれば、最初の契約のままだ割高になっているケースも。

また通信会社によってお得なプランを用意している場合もあるので、一度比べてみるのも大切です。

3.コンビニATMではなく銀行のATMを
知っている人も多いかと思いますが、コンビニATMの手数料が少し高め。一度の利用であれば気にならないかもしれませんが、年間単位で考えると損をしているのに気づくでしょう。

銀行まで出向くのに手間だと感じるのも分かりますが、手数料を考えるとコンビニのATMは利用しないようするのが正解です。

いかがでしたか。節約といっても一度の見直しで済む場合もあるので、無理なくトライできるのではないでしょうか。日々のちょっとした出費を減らせば節約になり、その分を好きなことに使えば良いのです。

節約術を取り入れて、上手にお金を使うようにしましょう。